安藤デンタルクリニック

  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
  • TEL:047-383-9302
  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
文字サイズ
中
大

予防歯科

  1. TOP
  2. 予防歯科

生涯健康な歯でいたい~予防歯科~Life want to be healthy teeth - preventive dentistry -

「一生自分の歯で食事を楽しみたい」――誰もが願うことではないでしょうか?
健康なときにはなかなか気づかないことかもしれませんが、虫歯や歯周病になって歯が抜けてしまうと思うように食べられません。
だからこそ、お口の中の病気になる前に、病気にかからないように予防することが大切なのです。

浦安駅徒歩5分の歯医者「安藤デンタルクリニック」は、とくに予防歯科に力を入れている歯科医院です。
世界基準の予防歯科が地域の皆さんから信頼され、治療後のメインテナンス継続率は85%と高水準を誇っています。

予防歯科とは

[画像]予防歯科とは

ケガをしても時間が経てば治り、傷ついた部分はきれいに戻ります。
例えば骨折しても、ギプスでしっかり固定し適切な処置を受ければ時間が経つと元のように骨はくっつきます。
このように人間には、傷ついたからだを元に戻す「自然治癒」という力があるのです。

ところが歯の場合、そうはいきません。
虫歯になった部分を一度削ってしまうと再生することはないのです。
削った部分に詰め物をしたり人工歯で補ったりできますが、どんなに優れた素材の人工歯でも天然歯には及びません。
だからこそ天然の歯を残すための「予防」が大切なのです。

海外と日本の予防意識の違い

[画像]海外と日本の予防意識の違い

「予防歯科が大切」という意識は、日本においては残念ながら高くありません。
日本では「歯医者は痛くなってから通うところ」という考えの方が多く、「痛くなる前に通う」という行動はそれほど浸透していないのが現状です。

これに対して、スウェーデンをはじめ欧米などの歯科先進国では、予防に対する国民の意識が高くなっています。
日本との意識の差は、歯の定期検診など予防歯科に通う人の割合に現れています。

予防意識の違いによって大きな差が出るのが80歳時点の残存歯数です。
スウェーデンでは80歳時点で残っている自分の歯の本数がなんと20本。
それに対して、日本の場合わずか8本しかないのです。

国名 スウェーデン
[画像]スウェーデン
アメリカ
[画像]アメリカ
イギリス
[画像]イギリス
日本
[画像]日本
定期検診の
習慣がある人の割合
約90% 約80% 約70% 約2%
80歳時点の
平均残存歯数
約20本 約17本 約15本 約8本
MI(ミニマル・インターベンション)治療

[画像]MI(ミニマル・インターベンション)治療

しっかり予防を心がけていても虫歯になってしまうことはあるでしょう。
そんな場合でも当院では、「天然の歯をできるだけ残す」という考えのもと、できるだけ削らない「MI治療」を行っています。

MI治療とは

M.I.とは「Minimal Intervention」の略で、直訳すると「最小限の侵襲」という意味。
生まれもった歯への犠牲を最小限に抑えることを目的にした治療法です。
当院では「できるだけ削らない」「できるだけ神経を抜かない」方針で、歯の寿命を延ばすようにしています。

[画像]資料採取とデータ管理

資料採取とデータ管理

MI治療に欠かせないのが、患者さんのお口の状態を正しく把握することです。
このため当院では初診のときに口腔内写真を撮影しています。
撮影したデータは何年にもわたって管理し、お口の状態のわずかな変化も読みとることでMI治療に役立てています。

当院の予防メニュー

患者さんのお顔が一人ひとり違うように、お口の中の状態もそれぞれ異なります。
これによって虫歯や歯周病にかかるリスクも異なるのです。
当院では、担当の歯科衛生士が患者さんのお口の状態に合わせた予防プログラムをご提案しています。
また、患者さんがいつまでもご自分の歯でいられるように、もし虫歯になってもなるべく削らないで済む方法をご提案します。

PMTC [画像]PMTC「PMTC」とは「Professional Mechanical Teeth Training」の略。
口腔ケアのプロが専門器具を使って行う歯のクリーニングです。
歯ブラシの届きにくい歯の汚れやプラーク、歯垢などを徹底的にとり除きます。
歯みがき指導 [画像]歯みがき指導予防には、毎日の正しい丁寧な歯みがきが大切です。
患者さんのお口の状態に合わせて、歯科衛生士が虫歯や歯周病予防に効果のある歯みがきのしかたをアドバイスします。
生活習慣の指導 [画像]生活習慣の指導虫歯や歯周病も細菌による感染症のひとつです。
このため生活習慣がよくないと、虫歯や歯周病の発症や悪化のリスクが高まることがあります。
不規則な食事、睡眠不足、喫煙など、よくない生活習慣が見つかれば改善を目指します。
咬み合わせのチェック [画像]咬み合わせのチェック咬み合わせが乱れていると、咬むときのバランスが崩れ、お口の健康に悪影響を与えることがあります。
咬み合わせをチェックして、乱れている場合は改善策を検討します。
フッ素塗布 [画像]フッ素塗布フッ素には歯の再石灰化を助け、歯の表面のエナメル質を強化するはたらきがあります。
フッ素を歯の表面に定期的に塗布することにより、虫歯の予防効果が期待できます。
シーラント [画像]シーラント奥歯が咬み合う面には細かな溝があり、汚れが溜まりやすく、歯ブラシの先も届きにくくなっています。
シーラントでは奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置を行います。
おもに生え替わったばかりの永久歯に適した処置です。
MIペースト [画像]MIペーストカルシウムやリンなどのミネラルを多く含み、歯の再石灰化作用を促す効果のあるペーストです。
1日1回、通常の歯みがきのあとで塗布することによって、虫歯予防につなげることができます。
健康な歯生活(しせいかつ)のために

[画像]健康な歯生活(しせいかつ)のために

車や家の場合、定期的にメインテナンスを受けることによって、美しさや機能は長持ちします。
これはお口の場合も同じで、定期的なメインテナンスによって、お口の健康も保たれるのです。

定期検診では病気が再発していないか、毎日のプラークコントロールは正しく行えているかなど徹底的にチェックします。
プラークコントロールのためには、歯みがきなど毎日の口腔ケアが大切であることはもちろんです。

私たち歯科医師、歯科衛生士などのスタッフは、皆さんが健康的な「歯生活(しせいかつ)」を送れるように、さまざまなサポートをさせていただきます。
お口のお悩みは皆さんのホームドクターである私たちに何でもご相談ください。

ページトップ

35.6657351,139.90018122065428

安藤デンタルクリニック

35.6657351,139.8976063